会長挨拶

東岐波校区自治会連合会 会長

東岐波校区コミュニティ推進協議会 会長 松田保美

初秋の候、皆様方には益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。

常日頃から校区三大行事をはじめ様々な場所でコミュニティ推進協議会の運営にご理解とご協力を賜り厚くお礼申し上げます。

さて、コミュニティ推進協議会の全体方針につきましては、地域づくりの基本計画は出来ていますが、実現可能なより具体的に計画を推進する為、現在皆で考える地域づくり研修会を昨年度末より継続開催し討議している段階です。

自主防災会については、災害対応そして危機感を持って具体的に問題点をまとめ機能する組織づくりをして安心・安全を確保出来る防災体制を目指し改革していきたいと思います。

昨年7月より医療や買い物弱者に目を向けた地域内交通(きわぞう号)もスタートし営業を開始しています。高齢化が益々進み利用機会も増えてくると思いますが、現状の実績では目標を大きく下回っており危惧しています。利用対象者への周知を図り、利用率向上を目指し努力していきたい思います。

また、校区(地区)行事や子ども会の存続についても改革が必要で、課題は山積しています。住み易い地域は誰もが望むところであり、そうした社会環境にする為に何ができるか、何が大切なのか皆で考えていきましょう。

コミュニティ推進協議会を中心とし、自治連、社協、専門部及び各団体の皆さんの協力と連携を密にして、豊かな住み良い東岐波づくりに微力ではありますが尽くす所存です。

 

 

 

コメントは受け付けていません。