夏休み自然環境教室

8月9日、ふるさとの自然環境の再生と若い世代の環境教育の推進を目的として、地域の環境保護団体「東岐波里海再生の会」と共催で「夏休み自然環境教室」を行いました。小・中学生を中心に約100人の参加者がありました。

講師は、山口大学非常勤講師の杉本幹生先生。先生は、小学校の低学年でも理解できるように平易な言葉を選びながら、熱心に鉄炭ダンゴによる水質浄化の理論や実証実験の結果を説明されていました。講義の後半では、講師自らが材料を持参され、参加者も交えて鉄炭ダンゴ作りを実践しました。参加者のみなさんはとても楽しそうでした。

コメントは受け付けていません。